土台伏せ


彦根市内で新築工事の準備を進めておりました


H様邸も基礎工事も終わり、構造体の足元である


土台伏せの工事をさせていただきました。


安全第一、整理整頓、細心の注意を払い工事をして


います。


デザインも大切ですが、肝心の構造体の品質も


建築材としては一番高価な「桧(ひのき)」材


を使用。


桧材で有名なのが、奈良県の法隆寺。


1000年経っても尚現存しています。


桧材には「ヒノキチオール」という虫が嫌がる


成分があり、また、伐採してから100年かけて


硬くなる木材とも言われ構造体としては最高の


木材です。


近年では、安い木材に防腐防虫剤を注入したも


のも出回っていますが、薬漬けの木材は人にも


優しくないので、弊社は桧材にこだわっています。


来週、上棟となりますのでご報告させていただきます。


閲覧数:45回0件のコメント

最新記事

すべて表示