top of page

色について


今日は、色についてのお話。


私は、建築をするにあたって一つ決めていることが


あります。


それは、「自然界にない色は使わない」ということ


です。


街を走っていますと、新しい分譲地や数年前、十数


年前の分譲地。


その頃の家づくりのトレンドのようなものが見受け


られます。


派手な玄関ドア。35年のローンを組んで、果たし


てこれで良いのか悪いのか。


建てる時は20代、10年後20年後を見据えて家


づくりが出来ているかをお客様に判断基準の一つと


してお話しています。


例えば、真っ赤が悪いわけではなく、日本古来の朱


色であったり、真っ青が悪いわけでなく、藍色であ


ったり。


今回、H-HOUSE PROJECTの床材では、草木から


抽出したエキスで床材を染めたものを使っています


。自然界のものから作った色ですので、何とも言え


ない深みとワビサビを感じることができるブルーグ


レーな色になっています。


私は好きな北欧家具メーカーのフリッツ・ハンセン


社の東京青山ショールームにもこの床材が張られて


います。実物を見て一目ぼれして、H様にご提案を


差し上げたところ、その良さをご理解いただきまし


た。


特に住宅はテーマパークではないので、奇抜な色よ


りは落ち着く、安らぐ空間をオススメします。



※弊社instagram、フォロー宜しくお願いします。


最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page