top of page

断熱について

彦根市内で工事中のH-HOUSEですが、窓


(サッシ)の取り付けも終わり、床下に


断熱材が入りました。



国産最高性能の断熱材を使っていますので


冬場の底冷えを抑えることができます。


よく見ていただくと、木材より、


断熱材の方が下に下がっているかと思います。



こちらが、冬場の暖房をした熱を蓄える空気層


(セーターを着た感じ)になるわけです。


併せまして、床下地の合板と断熱材を離すこと


で木材が常に空気に触れている状態を保てるの


で構造材(木材)の腐れ防止にもなっています。


構造のご見学希望の方は弊社までお問合せ


ください。



閲覧数:66回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page