ヘリンボーンも様々


ヘリンボーン、小骨が多いニシンの骨という意味


だそうです。


最近は何枚かがユニットになった床材もあるよう


ですが、やはり一枚、一枚張っていったほうが、


見た目も質感も違いますね。


弊社のショールームは、オーソドックスに一枚


づつギザギザのの張り方(水平直角に張ってい


ます)。

現在、新築工事中に出てくる切れ端や、余りを


使って2枚づつギザギザにダブルヘリンボーン


張りをしてみました。



素敵なダイニングテーブルの完成です。


捨てればゴミですが、使えば資源ですし、


買ったものとは違ういい味出ています。


知識と経験で色んなご提案ができますので


何なりとお申し付けください。




閲覧数:43回0件のコメント

最新記事

すべて表示