top of page

ビニールクロスについて①


ビニールクロスについて


日本古来の壁材といえば、土壁、漆喰、じゅらくと


いったものがありますが、戦後の高度経済成長と共


に日本の家づくりは大きく変わっていきました。


急激な経済成長に対応すべく、「プレハブ住宅」と


いう柱にパネルを落とし込んで、仕上げにビニール


で作られた壁紙(ビニールクロス)をつかった住宅


が沢山建設されました。


とにかく、早く、コストは安くといった感じに。


ビニールクロスは安価で、張替えも容易にでき、


家の隙間を埋めることも出来るため、冬暖かいお家


として、普及してきました。


ところが、快適なはずのお家の中で病気になる人が


続出します。


喘息、アトピーなどなど。


ビニールクロスで囲われたお家は湿気の逃げ場がな


くなり、結露から、カビが発生、カビを餌とするダ


ニなどが原因とされています。


シックハウス症候群という言葉も出てきました。


2003年、国はお家の中の空気を2時間に入れ替


えるよう、24時間換気扇の設置を義務化しました。


続きは次回のブログをよろしくお願いいたします。



最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page